慢心せずに生命保険

生命保険を検討するべき

保険について改めて考える

私は自動車を運転しますので、自動車保険については重要視しており万一の事故に備えた、万全のプランを頼んであります。しかし、死亡保障に関しては今のところ考えておりません。なぜならば私は独り身で、養うべき家族がおりませんので。しかし働き盛りのお父さんでなくとも、お子様をお持ちの方は死亡保障について一度真剣に検討されてみてはいかがでしょうか?「まさか自分に万一のことがあるなど・・・」と頭ごなしに否定せず、最大想定自己を常に視野に入れるべきです。確かに若く健康なときに入る場合、掛金は高く感じますが、調整はきくはずです。まずは保険代理店に相談してみてはどうですか。

区分変更とはどんなものか

各家庭で病気やケガなどの万が一の場合に備えて契約している保険は、年末調整や確定申告で税金の控除が受けられます。その制度が平成24年1月1日の契約から変わりました。今までは一般と個人年金の2区分に分けられていましたが、一般がさらに分かれて介護医療という分野が新設されたのです。このことにより、今までは最大控除額が所得税10万円、住民税7万円だったのが、所得税12万円の控除が出来るようになりました。もし、新しく生命保険の契約を考えていたり、見直しを考えている場合は、節税効果も出来る組み合わせを考えてみても良いでしょう。

保険を活用するための情報